京都宇治茶匠 きよ泉

The Pressing of Kyoto Uji Tea

宇治茶への追求

きよ泉ブランドへのこだわり【産地】

緑茶発祥の地、京都・宇治田原町からお届けします。

【きよ泉】は緑茶発祥の地、京都・宇治田原町に本社をかまえ、緑茶の魅力を全国の皆様に知ってもらおうと創業したこだわりのお茶屋です。 産地に所在し宇治田原町、和束町、南山城町生産のお茶を扱い生産農家の畑のわかったお茶のみを使用しています。 そのため絶えず生産過程をチェックし、管理することができるため最高品種の茶葉を確保できています。

Tea Appraisers certification

朝霧に覆われた宇治山中の土壌が良質茶を育てる

ほんのりとした甘さとふくよかな香りを醸し出す宇治茶は、朝霧に覆われる宇治山中の斜面、良質な茶成育に最も適した環境で手しおにかけて育てられ、宇治茶生産地の長い茶づくりの歩みが培ってきた匠の技術を通して仕上げられています。 当店が茶製品の販売・開発を主な業務とする今も、宇治田原町に暮らしております。 それは「最高品質の製品をお届けすること」を第一に、日々、近くの茶畑に赴いて茶葉の成育状況を見、摘み取られたお茶の加工から保冷・発送まで、全工程を責任を持って自ら管理できる場所にこだわったためでもあります。

Tea Appraisers certification

きよ泉ブランドへのこだわり【美味しさ】

厳選した宇治茶の本物の美味しさをお届けしたい

ペットボトルなどのドリンク茶の登場により、以前より緑茶が身近な飲み物として定着してきました。 現在の社会環境、食生活、健康志向、などの総合的な観点から見ると、ペットボトルの緑茶がヒットしてきた背景がくっきり見えてきます。 しかし、こうして手軽な飲み物になった反面、急須にお茶の葉を入れて、お茶本来の味を楽しむ姿を見かけなくなってきた事も事実です。 ドリンク茶隆盛の今こそ、お茶の原点であるリーフ(茶葉)の深く繊細な味わいや、文化としてお茶を楽しむ心のゆとりを若い世代の人たちに知っていただきたいと思っています。 茶匠としての誇りを持って、お客様のニーズに合ったお茶作りに誠心誠意を込め「安全、安心、美味しい」をモットーに造った宇治茶の品々。 これが京都・宇治田原の「きよ泉ブランド」なのです。

kiyosen

宇治玉露「最高峰」

宇治玉露は日本茶の中でも最高級茶として知られています。 その玉露の中でも「最高峰」は品評会に出品できるハイレベルのものです。 まったり、まろやかな甘みは栽培から製造加工にいたるまで惜しみなく手間暇のかけて作り上げたもので、湯呑に注かせれたお茶をお口に運ぶと「これがお茶・・・」と思うほど今までに味わったことのない感動を味わうことができます。 それゆえ、お湯の温度やお茶を注ぐタイミングが味を大きく左右するという大変マニアックなものです。 ぜひ一度、最高峰の宇治玉露を味わってください。 また、大切な方への贈り物にいかがでしょうか。

Uji Gyokuro

宇治煎茶「最高峰」

良いお茶の栽培地は朝霧の立つようなところといわれるように一日の気温差が大きく、日照時間が比較的少ない京都府南部地域はお茶の栽培に大変恵まれています。 「さわやかな香り」と「のど越しの良さ」、それに「しっかりとしたまろやかな味」これが高級煎茶の命です。 この煎茶「最高峰」はお口に運ぶと鼻の奥まで差し込む爽快な香り、煎茶でありながまろやかな甘みの中にシャープなキレが自慢です。 煎茶は鮮度が魅力ですので開封後はなるべくお早目にお飲みください。

Uji Sencha

きよ泉のこだわり四撰

うじたわらの滴

京都府南部地域の一番茶の煎茶を、深むし茶製法でコクを出し、仕上げ茶工程でマイクロ波乾燥機を使って強火の火入れをした香り高い香ばしい宇治茶です。 このお茶はコクがあり、インパクトの強い煎茶です。 一般的に宇治煎茶は蒸し工程がやや浅いのが特色で、色は山吹色でスッキリした飲み味が特色です。 この「うじたはらの滴」はあえて深蒸し製法にこだわり、コクがありインパクトな飲み味にしています。 また、深蒸し製法はまろやかですが、香り面で浅蒸し茶には劣るところはありますが、マイクロ波乾燥を使うことにより芯までじっくり火入れされ、強火ならではのインパクトのある香りとコクを引き出しています。

UJITAWARA-NO-SIZUKU

めっ茶うまい

一番茶玉露の新芽の部分を集めた、味の濃い甘みのあるお茶です。 葉が細かいため成分が浸出しやすく、少量の茶葉で美味しいお茶が楽しめます。 玉露というデリケートな部分を損なわないためにあえて弱火で仕上げました。 宇治玉露特有のうまみがあり、湯の温度を気にせず少量で美味しく出すことができるのが特徴です。

ME-CHA-UMAI

もちもち玄米茶

宇治の高級玉露と、通常の玄米茶では滅多に使われないもち米の玄米をブレンドした最高級の玉露玄米茶です。まろやかで香ばしいお茶です。 玄米茶の概念を変えた、こだわり玄米入り緑茶です。 宇治のかぶせ玉露ともち米で作った玄米をブレンドしました。 もち玄米は通常玄米よりもまろやかな味わいとなり、原料価格も高価なものです。 お茶ともち玄米のブレンド比率は緑茶の比率を上げたにしました。 玄米茶というより緑茶としての味わいを優先し、宇治玉露のまろやかさの中に上品な香ばしさが漂うプレミアム玄米茶です。

MOCHIMOCHI-GENMAICHA

ごはん一番茶

いつものお茶漬けをもっと美味しく食べたい方にオススメ。 " 深蒸し茶と玄米茶をブランドしたもので、香ばしく爽やかな香りがごはんとマッチします。 " 和食の中でもお茶漬け文化は日本を代表する食文化の一つです。 お茶漬けのするとき、そのお供に色々なお漬物をはじめ、海苔、梅干し等色々あります。 そのお茶漬けをより引きたてるのがお茶だと思います。 このお茶は深蒸しタイプでまろやかなコクを出し、さらに香ばしさを出すために玄米を配合しました。 さっぱり、あっさりと、それでいてお茶の味わいがしっかり出るように作りあげました。 ぜひ一度お試しください。

GOHAN-ICHIBAN-CHA